beansblog

社員の日常

AIのイベントに参加しました

こんにちは!
先端技術開発事業部のみーさーです。
私はいまの部署で、機械学習・ディープラーニングを勉強しながら、業務を行っています。
その関係で、先日GTCJapan2018というイベントに参加してきました。
このイベントはGPUを開発・製造する業界最大手であるNVIDIA社が主催の
GPUテクノロジーカンファレンスです。
GPUを活用した、AIやディープラーニング、自動運転、VRなどの技術が紹介され、
セッション、ポスター展示、企業ブース、ハンズオンなどもあり、
会場は多くの人で賑わっていました。
詳しい技術については、難しいところも多かったのですが、
どういうところでディープラーニングが活かされているのかというところを
たくさん知ることができました。
その中で私が面白かったものを2つ書きたいと思います。
1)自動車の運転支援デバイス
いま持っている車につけることができる運転支援デバイスで、
歩行者や車を認識し、物体の進行方向を予測し、飛び出してくるものがあれば、
警告音を鳴らして運転者に知らせます。
試験の映像では、早い段階で自転車くることを予知し、
警告音がなってブレーキを踏んでも間に合うくらいでした。
自分が乗っている車に簡単に取りつけることができるというのが
実用的で良いなと思いました。
2)内視鏡カメラでがんを見つける
内視鏡画像からがんを見つけることができるディープラーニングです。
胃がんを検出する精度はとても高く、
他のがんにも対応できるように開発を行っているとのことでした。
この技術はあくまでツールとして使用し、最終的な診断は医師がするということです。
がんの見落としを防ぎ、多くの人々を助ける、社会にとても貢献する技術だと思いました。
ディープラーニングが様々な分野で活かされていることがわかり、
これからもディープラーニングで色んなものが便利になり、
人々を助けてくれること可能性を大いに感じました。
来年も開催されると思いますので、興味のある方はぜひ参加してみてください!
GTCのサイトです。(NVIDIA社のCEOの基調講演の視聴ができます。)
https://www.nvidia.com/ja-jp/gtc/