beansblog

研修

研修(だーたま編)

こんにちは。今年4月に未経験で入社しただーたまです。
現在は人事部教育課として、未経験入社の方の研修を担当しています。

大学では農学を専攻し、前職は農業普及員です。
イネやムギに囲まれ、農家のおじいちゃんおばあちゃんとゆんたくの日々を過ごしておりました。

のんびりした毎日の中でわたしをワクワクさせていたのが「スマート農業」です。
これは「ロボット技術やICT等の先端技術を活用し、

超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業(農林水産省)」のことです。
労働力不足や耕作放棄地の増加など、

日本の農業が今後多様な課題を解決しながら魅力ある強い産業に成長するためには
「スマート農業」の普及が欠かせません。

農業に対して「IT」で関わってみたい!IT業界で働いてみたい!
と転職を考えるようになりましたが、まったくの未経験です。
そんなとき見つけたビーンズラボは、なんと3か月の研修制度があり未経験でも入社OK。
説明会にいくとその魅力を直に感じ、ここでITに挑戦してみよう!とすぐに決心をしました。

研修はテキストを熟読し、その後テストで理解度をチェックするという順序で進みます。
疑問点は隣についてくれている教育課の方に質問すればスッキリ解決します。
…といっても私はあまり質問をしませんでした。
自分で考えて、調べて、試して、、、どうしてもわからないときにだけヘルプを求めました。

すると、教育課の方は、一緒に考えてくれます。
そしてわたしよりもちろん経験がありますので、

すっと解決方法を見つけ出してアドバイスをくれます。
わたしも一生懸命調べたのに…
そのときわたしが大事だと思ったのは「問題を解決する力」です。
不明点があったとき、何をどのように調べ、どう解決するか。
研修でこの力を身につけたいと3か月励みました。

疑問点は自分で解決しながら進めますが、いざというときは教育課の方が助けてくれます。
そんな環境の中で3か月間、大変充実した研修を受けることができました。

研修を終えてわたしが配属されたのは教育課です。

ついこの前まで未経験だったのに、今度は教える立場。
今もまだ不安でいっぱいですが、

研修期間に(少し)身につけた「問題を解決する力」を活かして
研修生と一緒に日々成長していると思います。

まだまだわからないことだらけのIT分野ですが、
今後もさまざまな知識・技術を自分に取り入れながら頑張っていきます。