beansblog

サークル活動

リベンジ!チャレンジ!いい感じ?🐟

※新型コロナの自粛期間前にサークルで活動した内容になります

 

どうも!3/20に発売された「あつまれ!どうぶつの森」でも

釣りにいそしんでいる釣りサークル所属の又吉です。

リュウグウノツカイを釣り上げました。

 

 

現実世界でも釣りに行ったので、釣果報告を行いたいと思います!

 

 

今回の舞台は「那覇一文字防波堤」去年釣りサークルで初挑戦し、惨敗に終わった場所へリベンジしに行きました。

(前回の活動報告はこちら → https://00m.in/fKucy)

 

 

あの悔しい思いをした日、

近くにいたベテランな雰囲気を漂わせた

おじさまから教えてもらった仕掛けを使い釣果をUPさせた釣り部。

 

 

そのあと釣りキチ虎さんを筆頭に、レベルアップしたメンツで那覇一文字へ。
目的の場所がどんどん近づくにつれて俄然やる気がみなぎってきます。

4:30に渡し舟に乗って防波堤に到着したのは5時手前。
まだまだ暗闇ですが、各々ライトをつかってまずは釣り場確認!
おそらく前日から乗り込んでいるのであろう

おじさま達の邪魔にならぬように探索し、

ある程度現場確認ができたら仕掛けをセットし開始です!
今回の目標のお魚はカツオです。
釣りメンツの一人がカツオをつって東京に背負っていくという夢を叶えるべく

仕掛けを作る手にも力が入ります。

 

 

初手は前回おじさまからおしえてもらった銅突じかけ(針が3本ついている)にし、いざ出陣!

仕掛けを投入してすぐに食いつくお魚!うお、もう前回の釣果を超えそう?!
まずはリュウキュウハタンポやアヤメエビスっぽいお魚(厳密には違うやつだった気がします)

などの慣れ親しんだ子たちが釣れました。

 

 

空が白んできてからは、私ととらさんはフカセ釣りを開始。
さっしーさんは穴釣り、とりさんとJAさんは銅突じかけのまま

それぞれが魚にアプローチしていきます。

 

 

魚はたくさん見えるものの、なかなか食いつかない・・・餌をとるのに手馴れています。

さすが釣り人に人気のスポット(-◇- )
お魚も罠を見極める実力があるようです。

 

 

今回のタイムリミットは13時なので最初に居座っていたポイントから移動して、

高台からもフカセ釣りを開始。

 

 

すると回遊魚の群れやウミガメを発見!!!

 

 

これは熱いぞ・・・と思いながら仕掛けを投入するとかなり強い当たりが!!
と思いきや、針ごときられるという結末。やはりパワーが違う・・・。

 

 

だがしかしめげずに釣りを続けていると、なにやら大物が・・・!
逃がすまいと力加減をし、糸が切れないように慎重にリールを巻きます。
見えてきたのは良くわからないでかいやつ!

そして釣ったはいいがあげられない!!(海面から高さが10M弱)
そこでとらさんの7Mたもが登場!

糸が切れないことを願いながら、空気を吸わせて弱らせた魚をゆっくり空中に浮かせます。

 

 

そしてたもが届く位置にもってきて・・・

 

 

たもIN!(パチパチパチ)

 

 

無事、引き上げたのは34センチほどのオキナメジナでした。

圧倒的引きに興奮が冷めず、写真をパシャパシャ。
すぐに血抜き作業をして釣り続行。
目標としてたカツオはまだ、まだつってない!!終われない!!

 

と思っていましたが、気づくと船がお迎えに来る時間。
え、お片付けしなきゃ?!?!急いで納竿し釣り場をきれいにしましたがどうも間に合わない。

 

 

船長「もう、いくよー!!!!!!!」

 

 

あああ、すみませんすみません!14時でお願いします!

 

 

船長「次は15時しかないよー!!!!!!!」

 

 

・・・え?

・・・片付けが終わっていたメンバー1人だけを乗せた船を見送り

15時まで釣り続行。(餌は破棄してたので運よく余っていたボロボロのえさを使用)

 

 

結局、カツオはつれず・・・

そしてその後はエサ取りにうまくエサだけをとられて今回の挑戦は終了しました。

 

 

ですが、前回より明らかに釣果があがったということ
みんな何かしらお魚が釣れたという事実があるのでいい釣行となりました。

港に戻り船からおりると船長に釣果を聞かれ、撮影してもらえることに!
みんなでパシャリ。

撮影後にわいわいしていると、我々が今回目標にしていたカツオを持った青年と

どでかいガーラを持っているおじさまが・・・
カツオは2.8Kgもあったようで、

釣る人はまじで釣るんだな・・・とおもいました。(ガーラは1.8Kg)

 

 

他にも、50cmは軽く超えていそうな大きいアーガイをつっているおじさまもいました。

次回こそは、我々もあの大きいお魚たちを・・・。

 

 

次回の釣り部の釣果報告、楽しみにしていてください。
では!