beansblog

社員の日常

暇つぶしに怪盗はじめました

皆様おはこんばんちは、新卒4期生の神里です。

 

毎回2.5次元の話ばかりしている私ですが、

今は舞台遠征自粛中でネタがありません…。

なので代わりに、自粛中プレイしたゲーム『ペルソナ5』の話をします。

 

『ペルソナ5』(通称:P5)は、
2016年に株式会社アトラスから発売されたPS3/PS4用RPGです。
今回のタイトル通り、怪盗が主人公のお話です。

 

<ざっくり導入部分>
「悪人達の”歪んだ欲望”を盗み、改心させる」と世間を賑わせている『心の怪盗団』。
主人公はそのリーダーとして活動していたが、

ある日警官隊の待ち伏せに遭い、
「お前は(仲間に)売られたんだ」と告げられながら、

逮捕されてしまう。
翌日、尋問と称した暴力や自白剤の投与で

ボロボロな主人公のもとに、
怪盗団事件の陣頭指揮を執っていた検事が訪れる。
「異世界」や「改心の方法」について詰問された主人公は、
自白剤の影響で朧となった記憶をたどり始めた。

 

…と、主人公が捕まるところから始まり、

回想という形で物語が進みます。
突然捕まるので、始めは「え、何、どういうこと?」

と疑問まみれでしたが、
物語(=回想)が進んで現在に戻ると、

一気に疑問が晴れて、もの凄い爽快感に襲われました。

「記憶を消して、もう1回プレイしたい」

というのを初めて実感しました。

未プレイの方にはぜひ味わってほしいです。

今から始めるなら、新キャラ2名と

3学期ストーリーが追加された完全版の
『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』(通称:P5R)がオススメです!

 

今回は5を紹介しましたが、
他ナンバリング作品もすごく面白いので、

気になる方は調べてみてください。

個人的には、4の「田舎で送る青春リア充ライフwith殺人事件」が好きです。

 

以上、『ペルソナ』シリーズの総プレイ時間が

900時間を超えた神里でした。
画像は、お気に入りのシーン

(盗みに入った先の仕掛けでネズミの姿になった怪盗団)です。