beansblog

社員の日常

引っ越しの盲点

こんにちは!

BLの新垣結衣という肩書きが全然浸透しないえがちゃんです。

おかしいな・・・

 

私は最近、アパートを引っ越しました。
引越しは初めてではないのですが、

やってみると色んな盲点が潜んでいたのでご紹介します。

 

1、荷造りは足の裏が爆発する

 

事前に荷造りしようと思いつつ、

なんだかんだ2日前から本気を出しました。

家の中とはいえ、硬いフローリングの上を裸足で

立ちっぱ歩きっぱの状態が休みなく続くと、
ディズニーランドで丸1日遊び倒したあの時くらいには足裏が爆発します。

驚きの疲労度でした。

 

教訓:荷造りはふかふかのスリッパを履いて行う

 

2、バルサンを使うには170cm以上の人間が必要

 

新しい部屋に入居したら必ずバルサンをキメたい派なのですが、
バルサンは使う前に天井の火災報知器が反応しないよう、

袋で覆う必要があります。

ですが、世の中の天井は皆さんの想像より少し高いです!!

普通の椅子に登ったくらいでは全然届きません。
160cm台の旦那さんは椅子の上で軽く跳ねるくらいの危険な思いをし、

やっとの思いで袋を被せました。

 

教訓:バルサンを使う時は170センチ以上の人間か脚立を用意

 

3、疲れすぎてクーラーの設置ミスに気づけない

 

これはもう致命的です。
引越しは前日の荷造り時から既に戦いが始まっているので、

当日はもうヘロヘロでした。
そんな中、新居につけ変えたクーラーを業者さんと一緒に動作確認をして

目視でしっかりOKを出したあと、、、
夜になってようやく
ん?そういえば付けたかった向きと違う、、、暑い、、、

と気づきました。

翌日、電話で業者さんに事情を話し、

タダで位置をつけ直してもらえたのでラッキーでしたが
疲れているときは本当に思考が止まっているんだと実感しました。

 

教訓:クーラー付け替え時は脳みそを叩き起こして位置を指差し確認

 

以上、皆さんが引っ越すときは、

私のようなミスをしないよう教訓を生かして貰えたら幸いです。

 

写真は足の裏を爆発させながら荷造りした渾身の段ボールと、

クーラーの設置ミスで穴の後が残った壁です。