beansblog

社員の日常

おススメの小説

 

こんにちは!新卒6期の安里です。
最近またコロナが猛威を振るって家にいる時間に

何をしようか悩んでる方が多いと思います。
かくいう自分もその一人で以前読んでいた小説を見返しているのですが
何度読み返しても面白い作品がたくさんあるなと感じました。
というわけで、今回は自分が読んだ中で

伏線回収が印象的だった小説を3つ程紹介したいと思います。

1つ目は「陽だまりの彼女」です。

10年ぶりにあった幼馴染の「まお」と
出会った主人公がいつしか付き合う事になるも、
彼女には主人公の知らない秘密があるらしく……
といった作品です。
中盤から終盤にかけての展開と

最後の伏線回収が素敵な恋愛小説です。
実写映画化もされていて、

主人公はあの松本潤さんが演じているのでそちらもおすすめです。

2つ目は「陽気なギャングが地球を回す」です。

絶対嘘を見破るリーダー、スリの天才、

完璧な体内時計を持つ運転手、演説の達人
で構成された風変わりな四人組の銀行強盗が

巻き起こすドタバタサスペンス?です。
テンポが良すぎると思うほど程展開が変わっていき、

全く先が読めない面白い作品です。
こちらも実写化がされているので

時間が無い方はそちらもおすすめです。

3つ目は「ボトルネック」です。

主人公がとあるきっかけで

自分の代わりに存在しないはずの姉がいる世界に来てしまい、
姉とともに元の世界との異なる点を探していくミステリー小説です。
中盤のミステリパートと終盤の予想外の展開に心が揺さぶられます。
300ページ以下なので気軽に読みやすいのでお勧めです。
ただし、バッドエンドが苦手な方はご注意ください。

いかがでしたでしょうか。
もし気になった作品があればぜひ読んでみてください!