beansblog

研修

研修(望月編)

2020年8月に未経験で入社し、
現在は運用と開発業務に携わっている望月です。

前職は県外で地方公務員をしており、
ITは未知分野でした。

 

入社のきっかけは
前職での経験からでした。

行政インフラの整備や管理に携わる中、
どんどん人員不足が進んでいき、
今まで作られたものが維持できない状況になってきていることを
肌で感じておりました。

少しでも業務改善を図るため、
自分のできる範囲で
繰り返し業務を簡素化したり、
紙ベースの資料を電子化し
取り出しやすくしたりしていました。

しかし、独学に限界を感じることが多々あり
もっと技術を磨きたいと思い、IT業界へ踏み出しました。

 

未経験分野への挑戦は不安が多く、
専門用語などの基礎知識がほぼない状態で研修がスタートしました。

 

コロナ渦の影響で
最初の2ヶ月は在宅で研修を進めました。
研修はLinuxから始まり、
Java、MySQLの基礎を身につけてから、
最終的にデータベースの情報を
ブラウザ上で取得、追加、編集、削除するところまで行います。

教育課の方々から
リモートで手順やツールの説明をしていただき、
初めて触るものばかりでしたが
少しづつ使えるようになりました。

内容も未経験者向けのもので、
わからないところは随時質問することができ、とてもいい環境

だと思いました。
また、ステップごとにテストが用意されており、
ただテキストを読むだけでなく
実際にコードを書くことでスキルが身につきました

 

 研修後の配属先では
PythonやJavaScriptを使い、
今まで人がブラウザ操作で処理していた作業を
自動化するツール開発(コーディング)をしています。

 研修中に触れた言語や開発環境とは全く違う状況ですが、
共通する部分は多く、
「全くわからない」から「頑張ればなんとかなりそう」
にレベルアップした気がします。

 

今後、身につけなければいけない知識はまだまだありますが、
1人前のエンジニアになれるよう頑張りたいと思います。